ダイビングライセンスを福岡で取得できるオーブダイブトリップ

Blog “Bon Voyage”

Blog

ダイビング用ウェットスーツのあれやこれ

こんにちは!
 
厳しい冬も終わり、やっと夏の匂いがぷんぷんしてますね😳✨
暖かいとめちゃくちゃエネルギー出てきます!もちろん今日のブログはユキです!!
 
あと数か月でウェットスーツの季節!
ということで、まだウェットスーツを着たことがない方へ!
予習として知っててほしいダイビングのウェットスーツについてのブログです!😄
 

 
ダイビングのウェットスーツ

 

 
世の中には、ダイビングに限らずマリンスポーツで使用するウェットスーツもありますよね!
 
私たちが使用しているダイビングのウェットスーツは、
保温力に富んでおり、水中にいる時間が長いダイビングではこの保温力が超大切になります💡
 
ウェットスーツというものは、スーツと肌の間に水が入り、その水を体温で温めて(水の層を作る)体を保温する仕組みとなっております✨
 
なので、もしぶかぶかのウェットスーツだったらスーツと肌の間に水の層が出来ないため、保温するどころか水の出入れしまくり・・・
ウェットスーツの役目をはたせないので、超寒いです!!!
(ちなみに真夏でも寒いです😭)
 
ダイビングのスーツは基本的にフルサイズオーダーで作られるので、自分に合ったスーツを着用するのが肝ですね!
 
ちなみに水中は、熱の奪われる速度が陸に比べて早いので、どんなに暖かい水温でも水着でダイビングすることは厳しいというわけです💡
(ほんとはビキニでダイビングしてみたいけどね、えへへ)
 
ダイビングにおいてスーツは大切なのです✊
 
サーフィンスーツとの違い

 

 
よく聞かれる質問です。
👧「サーフィンやってるけど、ダイビングはサーフィンのスーツじゃダメなんですか?」
 
A.ダメではないですが・・・やめておいた方がいいです!
 
理由は・・・!
生地が戻らない、そして寒い!!!!
 
生地が戻らないというのは、サーフィンのスーツは長時間水中にいることを想定して作られていないため、
深いところへ行くようなダイビングをすると水圧で生地がペラペラになります。
そして、そのペラペラ生地は水面に上がっても、もとの生地の厚さに戻れずペラペラのままなのです!!
 
これがサーフィンのスーツとダイビングのスーツの大きな違いですね!
 
生地がペラペラということは、水中めちゃくちゃ寒いです💦
 
ダイビングスーツは、深い水深に行って水圧がかかっても、水面に上がると生地は元の通りに復活してくれます◎
 
ウェットスーツは何ミリがいい?

 

 
ウェットスーツにはそれぞれ厚さがあります!
その厚さによって保温力が変わってきますYO〜👍
 
サーフィンは、大体2mm・3mmが一般的!
ダイビングは、3mm ・5mmが一般的です!
 
ダイビングについていうと、3mmはリゾート向け、5mmは近海(ここでいう九州の海)向け🌊
 
安定した暖かい水温の沖縄などで潜るリゾートダイバーは、3mmのスーツでも大丈夫ですが、
福岡の海で潜るとなると、リゾートに比べ水温が低いため5mmでないと寒いです!!
 
どこで潜るのか、によってスーツの厚みも選んでおります!◎
 
 ウェットスーツの素材

 
ウェットスーツの素材に関しても注目していただきたい!
 
主に、「ジャージ生地」「スキン生地」があります!
 
ジャージ生地は、伸縮性に富んでいて着脱のしやすさが特徴!耐久性もあります!
※ちょっとわかりにくいけど柄が入っているところ
 

 
そして、スキン生地は、水はけがいいので陸に上がって風が吹いても寒くありません!
ジャージ比べると耐久性は落ちますので扱いに注意!
爪の長いギャルたちは気をつけてね!
 

 
このジャージ生地とスキン生地の組み合わせバランスをみてスーツを選ぶことがおすすめです✊
 
寒がりさんは、スキン生地メインのスーツ!
着脱のしやすさを選ぶ方は、ジャージ生地メインのスーツ!
ギャルは絵柄が豊富なスーツ!
 
大体こんな感じでスーツは選んでおります✨(この他にもありますよん!)
 
これからダイビングを始めてマイスーツを持つ方は、
自分が何を重視するのかをポイントにスーツ選びしてくださいね🧡
 
もちろん私たちスタッフになんでもお尋ねしてください😄
(自称スーツの柄決めご意見番ユキが誠意を持ってスーツをお選びいたします!)
 
 
最後に・・・
 
夏に向けて、少しでもウェットスーツについて知って、ダイビングを快適に楽しんでいきましょう〜😄✊
 
 
 ではまた🤍


🐠オーブダイビングツアーはコチラをクリック🐠


いろんな場所で色んな生き物。①

 
最近、マクドナルドの食べ過ぎで、5キロ太りました。(実話)
夏が別の意味で楽しみです。
岡田さん、ころさんがジムに行くのを横目で見ながらポテトを食べています。
さあ、もう少しで夏・・・頑張りましょう|ω・)
皆さんこんにちは!
さくです|ω・)
 
最近、カメラ、ライトが僕の海の相棒になっています。
どこに行くのもセット状態。
色々と練り歩いております。
今日は最近言った海を写真でご紹介|ω・)
 
奈多ビーチ

 
言わずと知れた奈多ビーチ!
冬になると魚が全くいなくなるイメージですが・・・
今回はそんな海にカメラとセットで行ってまいりました!
 

 

 

 
最近、小さな生き物を見つけるのに火がついており
水中の景色・・・例のごとく撮るのを忘れてしまいました・・・。
 
さすがは冬の海、透明でキラキラしていたのを覚えています!
 
水中も春の雰囲気が出てきており生え物が生えています!
簡単に表現すると、森です|ω・)
葉っぱの上に生き物がいる姿は背景も緑で写真映えしますよ|ω・)
 
観察できた生き物アマモウミウシ
アリモウミウシ
セトミドリガイ
セスジミノウミウシ
メジナygの群れ・・・など|ω・)

 
季節柄、やはり魚は少なめでした(´;ω;`)
 
唐津ボート(七ツ釜付近)

 
お次は唐津のボート!
ケーソンや、ケーブなどのポイントをあえて外し、地形の面白い七ツ釜の中!!
 


 
意外と、地形の楽しみだけではなく・・・
ホヤや海藻類、イソギンチャクなどもが生い茂り
良い感じで生えているのでもう映えまくりの写真が取れてしまいます!
 
・・・すみません💦ウミウシだらけで・・・(*_*;
写真が撮りやすく・・・逃げてます|ω・)
 
 

 
最近こそっと、なっちさんの写真の撮り方を真似しています。
同じ写真でも設定を変えるとこうも変わるのかと・・・奥が深いです。
 
観察できた生き物ノトアリモウミウシ
サガミミノウミウシ
ハリセンボン
メバル群れ・・・など

 
ココのポイントは生き物だけではなく地形も面白いので是非お勧めです|ω・)
 
愛南

 
こちらの海はなっちさんと、こそっと行ってきた愛媛県の海です|ω・)
最近の海の中で一番はしゃいだかもしれません・・・。
はしゃぎすぎてあまり、記憶がございません。
3本で合計3時間ちょっと。
はしゃいでました。
愛南オンリーのブログ、また書かせていただきます|ω・)
 


 
ワイドではソフトコーラルが生い茂り、
生き物だらけ・・・
濁っていたらしいですが、透明度は10メートル以上
亀や、シュモクザメ(ハンマーヘッドシャークの群れ)など、可能性だらけの海です。
多分、3日いても飽きません。
ポイントも30ポイントくらいあるらしく・・・この先がとても楽しみな海です|ω・)
 
観察できた生き物アカオビハナダイ群れ
オオモンカエルアンコウ
ピグミーシ―ホース
クマドリカエルアンコウ
トサカリュウグウウミウシなど・・・数えられません。

 
やはり、リゾート・・・
恐れ多しです・・・。
近いうちに愛南ツアーもできるかも・・・?なのでお楽しみください|ω・)
 
・・・しかし近場も負けてはいません!!
練習にはもってこい!!
次回以降また投稿させていただきます|ω・)
 

 
 

色んな○○ダイビング!!!!

みなさん、こんにちは!!
 
新しいことやる時の最初のモチベってなんであんなに高いんですかね~🧐
実は3月に入ってからとうとうジムに行くことになりました!!
岡田さんとなっちさんと一緒に激高なモチベでジムに行きました!
中に入ると屈強な筋肉な男の人たちが、、、
ジムのトレーナーさんとの事だったのですが話を聞くとジムのトレーナーさん全員が大会優勝経験ありとの事。
猛者、覇者を前にして早くも心が折れかかっているころすけです!
夏までに完璧な体を手に入れるために頑張っていきます💪
 
何でも初めてってテンション上がりますよね~😊
初めてやった時のダイビングもテンション爆上がりだったのを今でも覚えています😆
そんなダイビング。色んな種類ダイビングがあるのはご存じですか?
今回はそんな様々なダイビングを紹介していきたいと思います!!
 

 

ドリフトダイビング



 
ドリフトダイビングとは潮の流れがある場所で、その流れに乗って広い範囲を潜っていくダイビングです!
流れに乗っていくのでめっちゃ楽に潜れるので
詳しい注意点などは以前おゆきさんがブログで書いてくれてるのでそちらもご覧ください!

おゆきさんのブログ
離島や沖縄ら海外などのリゾート地のボートダイビングではがドリフトダイビングで潜っていく事が多いです。
ドリフトダイビングの魅力はなんと言っても楽!!
潮の流れに乗って漂って行くので浮力のコントロールが出来れば本当に空を飛んでいる感覚になれます😆
またある程度の流れもあるのでたくさんの生き物にも会える事が出来るのも魅力ですね😍
1万匹くらいいる青魚の群れは圧巻です!!
ハンマーヘッドシャークの群れや沖縄だと世界一大きいアジ、ロウニンアジなど大物にも出会えるのはドリフトダイビングならではです!
 

 
前回僕がブログで書いた福岡の沖ノ島もドリフトダイビングで潜っていきますよ🤿

前回のブログ
 

ナイトダイビング



 
ナイトダイビングとはその名の通り夜に潜って行くダイビングです🌕
 

日中使って行く器材ともう一つライトを使って潜っていきます🔦
またお祭りなどでよく見るパキパキしたら光るケミカルライトをつけてバディの目印にします!
 
同じポイントで潜っても日中と夜では別世界の海になります
まず活動している生き物がガラリと変わります!
イカやエビなど昼間見れない生き物が見れて見れる生き物生き物が違うのが魅力ですね😆
 

また夜光虫と呼ばれるプランクトンが見れるのも一個の魅力です。
この夜光虫ライトを消して拍手や水に衝撃を加えるとパッと光るんです✨
プラネタリウムのようにキラキラと光るのでとても幻想的な世界を体験できます!!
 


今回はこんな感じで普段のダイビングとは違うダイビングの紹介をしてみました!!
ダイビングは種類も様々で好きになる物も様々です!
自分が好きなダイビングの型にハマればもっとダイビングが大好きになると思います🥰
まだまだダイビングの種類はたくさんあるのでまたブログで書いていこうと思います!
それではみなさん!良いダイビングライフを😆
 

大体の悩みは器材で解決!その②

こんにちは。
前回のブログに続いて、
『ダイビングのお悩み大体器材で解決できる説~~~!』
のブログです💁
第一弾はコチラからご覧ください🔍

大体の悩みは器材で解決!その①


 
さて、今回もよくあるお悩みの根源に迫っていきましょう💁
自分のに合った器材を使ってスマートに上達していこ!レッツゴー!

お悩みその3:マスクに水が入るけどマスククリア苦手…。


水中で視界を確保するための唯一の道具のマスク。
なので、ダイビング中に水が入ってしまうとけっこうパニックになっちゃう🤦

ダイビングの事故で多いのも、このマスククリア中に
手こずってしまって、急浮上してしまう…ということ。
そのためにマスククリアの練習が必要なのですが、
そもそもマスクに水が入らなければいいのです!!🥽
マスクの顔に密着する部分はやわらかいシリコンでできていて
使い続けることによって自分の顔にフィットしていきます。
そうすることによって顔とマスクの間に隙間ができることなく
水が入って来るのを防ぐことができます👌
 
さらに水が入るのが嫌でストラップをぎちぎちにしめなくてもいいので
マスクの跡が顔につくのも防げます👌

まああとはやっぱりマスクは顔なので、可愛くしないとテンション上がらないですよね😳

お悩みその4:重たいのよ!!!!


もうね、ダイビング器材は重たい!
ウエイトなど全部合わせたら20㎏くらいです。
逆にこの重さがないと海で自由に動けないって考えると
赤子のような尊い重さですよね😌🙏 ん?
 
さ、なかでも一番重たいと感じるのがタンク!
カメのように背中にしょって亀仙流の修行のよう🐢

その尊い重さを少しでも軽減させるに大事なのはBCD!!


これに限りますね~!
 
その訳はなにかといいますと、タンクを支える位置にあります。
タンクサポートシステムと言って、タンク を支える位置が
BCDによって違います。
 
どちらがいいかというと、一目瞭然ですね、写真をご覧!

 

二枚目の方が下にタンクを支える位置があります。
こちらの方が重心が下になって体が安定するので
重さを感じにくく、まっすぐ立てます!
わざとやってるように思うかもしれませんが、
ホントに冗談抜きでこれくらい姿勢変わります👭
なので、BCDのサイズが合わないと重く感じてしまうのです!!!
この違いが分かりにくい人は
どこかその辺にいる人を捕まえて、首だけ抱えてもらっておんぶするのと
首と足を腰に巻き付けておんぶしてもらうのとで比べてみてください🐨💡


 
他にもダイビングに関するお悩みはあるかと思いますが
まずは器材を見直してみてください!
きっと答えの近道になりますよ🤲
ではまた~!

福岡の本気の海!沖ノ島!!

みなさん、こんにちは!!
 
3月に入りなんか暖かくなりましたね😆
どうも、ころすけです!!!
 
さて今回は沖ノ島!!!!
福岡ダイバーだったら一度は夢見る場所沖ノ島の魅力を書いていこうと思います!
沖ノ島のシーズンは夏なんですがその前の予習みたいな感じで見てもらえればありがたいです😊
 

 

沖ノ島ってどんな場所?



 
沖ノ島は宗像市にある離島です!
世界遺産に認定されていて神宿る島と呼ばれる聞いた感じめちゃくちゃ凄みがある雰囲気を
かもし出している島です!!
 

 
大自然って感じがしますね~!マジで神さまが居そうですよね😇
沖ノ島は島そのものが御神体になっており昔は女人禁制と言って女性は上陸できないようになっていましたが
現在は一般の男性も上陸できないくらいめちゃくちゃ神聖な場所になっています!
 
ダイビングでは島の周りを潜っていきますよ!!
冬場は流れが速く夏場に潜っているのが特徴です!
そして最大の特徴がロープを使わないで潜降、浮上をせず
流れに身を任せるドリフトダイビングで潜っていきます!!
そのため中性浮力とロープなしの潜降と浮上のスキルが求められる
少しレベルが高いダイビングをしていきます。
 

 
しかし透明度は圧倒的にきれいで30mから50mまで見えます✨
近場の海でここまで見えるのは最強ですね🤩
 

生き物いっぱい



 
沖ノ島の一番のポイントは何といっても生き物の多さ!!!
島の周りはすべて海なので潮の流れが良く沢山の生き物が泳いでいます!
イソギンチャクやソフトコーラルも沢山あるので様々な熱帯魚も見ることが出来て
とてもきれいです✨
 

 
特に沖ノ島で一番の景色ともいえるものがイサキという魚の大群です!
群れって言ったら何匹くらい想像しますか?
100匹?200匹?
そんなレベルじゃないのが沖ノ島。
 

 
もう10000匹くらいいるんじゃないかって思うくらい圧巻ですよね~🤤
通称イサキウォールと呼ばれています。
まさにですよね!
 

古代の遺跡もあるよ



 
そして生き物だけじゃないのが福岡最強の海沖ノ島!!!!
実は沖ノ島には遺跡もあるんです!
おそらく昔の中国が作り上げたバカでかい遺跡はめっちゃ探求心をくすぐられます😆
 

 
写真じゃわかりずらいですが真ん中が階段になっています!
めちゃくちゃでかい遺跡なのでカメラには収まりきらないです!!!!
実はこの遺跡の中には昔祀っていた祭壇があります。
ぜひ探してみてください!!!!
 
また沖ノ島は岩の大きさがオーブのお店の大きさ並みに大きいので
岩と岩が積み重なったりしてプチ洞窟みたいになっていてめっちゃ楽しいです😆😆
 

 
 


 
というわけで今回は沖ノ島の紹介をしていきました!!
レベルが高い沖ノ島だからこその景色が見れるのが魅力の一つですね😆
沖ノ島の解禁は大体6月といわれているのでこの期間の間に経験を積んで
福岡最強の海行ってみませんか😊