ダイビングライセンスを福岡で取得できるオーブダイブトリップ

Blog “Bon Voyage”

Blog

ダイビングに関する疑問にお答え!その①

みなさん、こんにちは、こんばんは!
 
6月も残り数日・・・7月がやってきますね🥥🌴
 
6年振りに福岡で夏を迎えるので、とってもドキドキしております!!
(テンション上がって水着も10着買いそろえました🙌)
 
私の目標は夏の代名詞になること・・・どうもおゆきです😋
 
 
さてさて、コロナ渦によって在宅ワークが増えた方、なかなか外に出れなかった方へ!!
何か新しいことをやってみるいい機会かもしれません😎
 
その一つに、ダイビングが入っていたら、ぜひとも挑戦してみてください😆✨
 

 
ダイビングを始めるにあたって、疑問におもうことや、不安に思うこと沢山あると思います!
 
今回は、そんな疑問や不安を少しでも解消するために、Q&A形式でお答えいたします💕

 
Q:泳げないけど大丈夫?

A:全然問題ありません!!!むしろ泳げない方のほうがダイビングにハマったりします✨
泳げない人が共通しているのは、「息継ぎができない」「溺れるのが怖い」こと。
ダイビングは、水中でも陸上と同じように呼吸できる器具を使用するので、息継ぎの心配はいりません!
そして、BCDと呼ばれるジャケットに空気を入れ、浮き輪代わりとして装着するので、溺れる事もないですよ😉

 
Q:体験ダイビングとライセンス取得したダイバーの違いは?

A:体験ダイビングは、浅い水深の決められたスポットでしか潜ることが出来ません。そしてインストラクターと手を繋ぎながらダイビングを行います。
ということは、自分が思い描いているようなダイビングをすることは、体験ダイビングでは難しいです💦
ライセンスを取得することによって、一人前のダイバーとして認められるため、
潜る深さも、見れる生き物も、動ける範囲も自由自在になりますよ✨
 

 
Q:ダイビングって危なくないの?

A:ダイビング事故は、統計的に見てほかのマリンスポーツに比べ低いです。
ライセンスの講習で海の知識や、緊急時の対処法を学んでいくので、しっかり知識を身に付けておくことで、事故は防げます!
 
Q:サメに襲われることはあるの?

A:結論から言うと、襲われません!!
サメ映画の影響で、サメが怖くてダイビングできない・・・と思ってる方も多いですよね!
ダイビング中サメに出会うことはとてもレアで、むしろサメを見に行くダイビングがあるくらい!🦈
基本的に、こちらからちょっかいをかけない限り襲ってこないですよ😊

 
Q:雨の日でも潜れるの?

A:潜れます!!!
基本的にダイビングが出来ない天候は、風が強い時です。
雨の日のダイビングは、水面を叩きつける雨を水中から見上げてみることができるので、以外と面白いですよ✨
 
Q:何分くらい潜れるの?

A:一概には言えませんが、10~120分ほどです!
水中の動き方によって潜れる時間が長くなったり、短くなったりします。
ダイビング始めたての方は、水中でバタバタしていまい、酸素を多く吸うので、潜れる時間が短くなってしまいます!
バタバタしないためにも、ダイビングは練習が必要です👌

 
Q:何歳までダイビングできるの?

A:年齢制限はありません!
何歳になってもできるのがダイビングの魅力の一つ✨
セカンドライフとして、新しい趣味としてダイビングを始められる方も多いですよ😊
 

やってみたい趣味ランキング上位には入るダイビングですが、疑問や不安がつきものなスポーツでもありますよね🤔
ダイビングについてしっかり理解をして、この夏ダイバーデビューしてみましょう✨

 
このほかにもライセンスについての説明や金額など詳しい説明、ダイビング興味あるな~という方は、
無料説明会行っているので、お気軽にお問合せください😊✨
 

🐠お問合せはコチラをクリック🐠


 

ダイビング器材も衣替え

みなさんこんにちは!おおかわです。
 
辛坊さんヨットで太平洋横断に成功しましたね!
関西での認知度はほぼ100%だと思うのですが、、、九州ではどうでしょう。
 
何回かブログで「いよいよ夏」とか書いてきましたが、もうちょっとかかりそうですね。
ただ気温は上がってきましたので、ダイビング器材は夏仕様にしましょう!
 
 冬の装備をお片付け

 

 
季節が変わるとダイビング器材も変わります。
例えばフィンも最近冬用・夏用に分けて使用するのが一般的です。
 

◎フィン


こちらは冬用のフィンです。ドライスーツに特化した機能を持ち、通常のフィンより重いです。
もし両方のフィンをお持ちでしたら冬用はメッシュバッグから出しお休みしましょう。
 

 
そしてこちらが夏用のフィンです。フィンにも色々な形があり
通年使用できるものもありますが、
こちらは特に夏のウェットスーツ時に使用するものです。
 

 

◎アンクルウェイト


足につけるウェイトでドライスーツ専用のアイテムです。
こちらも夏はお休みです。重いのでメッシュバッグから出しておきましょう。
 

 

◎スーツ


そしてもちろんスーツも変わります。
中が濡れないドライスーツからウェットスーツに衣替えです。
 

 
 
水に濡れるという事は、スーツの中に着る服は水着になります!
これが要注意で、ドライスーツも経験している方は忘れがちです。
代用品も中々ないので念入りに最終確認お願いします。
 
最後にもう一つ、小学生のプールの様に予め水着で集合すると今度は下着忘れがちです。
この格好で帰ることになるのでご注意下さいませ。
 

 
 
 
 

器材の長持ちの秘訣?

こんにちは。
 
最近ウクレレにハマってて、毎日ウクレレを触るから弦を押さえる指の皮が
カチカチになって困ってたんですが海に潜ったらカチカチの所がふやけて思わずむしってしまう結果、
また皮がごつくなってどんどん弦が押さえやすくなっちゃっているさくらです✋?
 
ウクレレ弾きやすくしたい人は一旦ダイビングしよう?笑
 
でもウクレレを海辺で弾くと、潮風でベタつくのでお手入れが大変。
どんな趣味も物を長持ちさせるにはお手入れが重要ですね。
 
ということで今回は

ダイビング器材のお手入れについて!


 
海水に浸かった器材はそのままにしているとよくありません。
使ったあとは必ず 真水 で洗いましょう!
お湯だと塩が溶けやすくて尚更良いです!
なのでお風呂場で洗うのがオススメ??
 
ちゃんとしてるかしてないかで全然物持ちがちがいますよ?
 
軽器材

 

●マスク


溜めた水(お湯)につけて全体を手で洗います。
ストラップの所も絞めたり緩めたりします。緩めるときは留め具の横をおしながら。
この時にストラップが切れそうじゃないかも確認しておくと良いです☝️

洗ったらシリコン部分の変形を防ぐために直射日光の当たらない所で、
完全に乾かしてからケースに入れましょう!
乾かないままケースに入れてしまうと 生乾きの洗濯物みたいに臭くなっちゃうので要注意?‍♀️
 

●スノーケル


口にくわえる部分なのでマウスピースをしっかり洗って
開け閉めできるところは全部洗います?
レギュレーターをくわえたときに邪魔にならないように蛇腹になっているところもしっかりと洗いましょう!
 

●フィン


フィンもマスク同様、水につけて全体を手で洗ったあとにストラップがあるフィンはを絞めたり緩めたり!
乾かすときやフィンを置くときに注意するのはブレードの先を上に向けること??
下に向けて置いちゃうと変形してしまうので気を付けましょう!


 
 重器材

 

●レギュレーター


これも水に少しの間、水につけて塩分を抜きます。
マウスピースや動く所(流量調節のつまみなど)は全部動かしてしっかり塩を洗い流していきます。

 
各ホースの根元についているカバーを剥がして洗うのもポイント?

ドライホースやインフレーターにつなぐホースについているカプラーも
しっかりカチカチして洗います。


 
そして!!レギュレーターを洗う時に絶対注意しとかないといけないのは

ダストキャップを閉めておくこと!!


開けたままにしちゃうと中に水が入って壊れてしまいます?‍♂️?‍♂️
もし開けたまま入れてしまったときはすぐに言ってくださいね!


そしてもうひとつ注意

水につけたままパージボタンを押さないこと?‍♀️



シリンダーにつなげていないので水が逆流してこれも故障の原因になってしまいます。。
 
 

●BCD


外についている砂や海水を洗い流して、
インフレーターの排気する部分から水を入れます。
この時に排気ボタンを押しながらじゃないと水が入らないので注意?‍♀️
水を入れたら、同じところから口でフ―ッと空気をいれます??

 
BCDが膨らんだら上下にシェイクして中を洗います。
しっかりシェイキングしたらインフレーターホースを下に向けて排気ボタンを押す!!
水をしっかりと抜きます。

重器材も洗い終わったら日陰で干してメッシュバックになおします。
これでばっちり?
 
 
でもしっかり洗ったはずの重器材も実は精密機械なので自分では洗いきれないところもあります…
なのでは100本に1回か、2年に1回は必ずオーバーホールに出しましょう!
全部分解して細かい部分も洗ってくれるし、小さな不具合も点検してもらえますよ?
自分の命を背負っている部分なので必ず行いましょう!
 
そのほか気になることはスタッフに気軽に聞いてくださいね?✨
器材は一生ものなのでちゃんとかわいがっていいダイビングライフを過ごしましょう??

ダイバーLOGアプリを使ってみた!

みなさんこんにちは!おおかわです。
 
先週、久しぶりに潜ってダイビングテンションが最高潮のままです!
フードを新調しようか迷っています。
 
そういえばダイブコンピューターを「カルム Plus+」に買い替えてから
噂のログアプリをまだ使っていない事に気が付きました。
今更ですが私のアプリ設定がてらご紹介できればと思います。
 
 ダイビングのログとは?


 
ダイビングにおいてログ(記録)付けは欠かせない大事な作業です。
ダイビング経験本数の証明、前回の装備やウェイトの確認、ツアーの思ひでポロポロ。
バディや一緒に潜ったメンバーの寄せ書きも見返すと楽しいです。
 

 
しかし、水温、潜水時間、最大水深などコンピューターをポチポチしながらログブックに
写すのは正直面倒くさいなと思っていました。
 
そこでこのスマホ時代に誕生したのが「ダイバーLOG」ダイビングログ管理アプリです。
昭和から一気に令和です。
 
 アプリでダイビングログ管理!

 
対応するダイブコンピューターは「カルム Plus+」です。2019年発売。
それ以前の無印「カルム」は非対応なのです。Bluetoothが搭載されておりませんので。
 
それでは早速アプリをインストールしてみたいと思います。
私はiPhoneなのでApp Storeから検索してインストールします。もちろんAndroidもアプリ対応しています。

 
アプリを開きカルムと同期しましょう。
画面右上の「取り込み」ボタンを押すと、カルムの通信をONにして接続するように表示されます。
まずはカルムをモードを変更します。
 

 
①「MODE」ボタンでBluetoothモード(BLE)に変更
②「PLAN」ボタンでONに
これでペアリング待ち状態になります。すかさずアプリの接続ボタンを押しましょう!
ペアリングが始まり、、、過去ログが転送されました!
 

 
ログデータの詳細はこの様になっております。
エントリー時刻・エキジット時刻・最大水深・平均水深・最深水温など。
グラフも表示されとても見やすいです。
 

 
後は空白のデータを入力していきます!
 
ポイント→場所、ポイント名、エントリー方法
タンク→材質、種類、容量、開始残圧、終了残圧
装備、海況、バディ、インストラクターなどなど。
 
そして写真も設定する事ができます。
集合写真にするとどんなメンバーだったか分かりやすいですね。
 

 
カラフルなログデータに生まれ変わりました!
これからどんどん潜ってダイビングログを増やしていきましょう。
きっと素敵な思い出になります!

あると快適!ダイビングの便利グッズ

みなさん、こんにちは、こんばんは!
 
近頃、日の入りが遅くなって格段と夜が短くなってきましたね☀️
最近、夏の夕焼け雲を見て、黄昏れる休日を送っています、どうもおゆきです??
 
 
さて、いよいよダイビングトップシーズンとなってきました!!!

 
オーブでは、ファンダイブツアーも続々と追加しておりますので、みなさまチェック&ご予約お忘れなく✨
ダイビングトップシーズンということで今回は・・・
ダイビングツアーで、これあったら快適やん!ダイビング便利グッズをご紹介していきます(๑˃̵ᴗ˂̵)??
 
くもり止め

 
マスク専用のくもり止め!
これはあると便利と言うより、絶対持ってて欲しい道具です!(笑)
 
くもり止め代わりに唾液をマスクに付けている玄人ダイバーもいますが・・・
衛生面を考えたら、くもり止めを持つほうがおすすめです??‍♀️
 
マスク専用のくもり止めは、米粒くらいの量をチョンチョンとレンズに垂らして使うため、
1本持っておけば1年以上は保ちます✨

オーブでもくもり止め販売しているので、持ってない方はスタッフにお声がけください?
 
ギョサン

 
言わずと知れたギョサン!ダイバーなら持っておきたい一品?✨
ギョサンの良いところは、とにかく丈夫で滑らない!!!!
 
もともと漁業の方が使っていたことから、ギョサンと言われていますが、
今ではいろんな色のギョサンが売られており、オシャレに履けるようにもなってます?
 
ボートはもちろんですが、岩場など足場が悪いところでも、滑らないので、マストアイテムですよ??‍♀️
今年はビーサンより、ギョサン!!!
ネットで買えるので、みなさん要チェック✨
 
ウォータープルーフバッグ

 
みなさんボートダイビングの際、バッグはどんなものを使っていますか?
 
ボートの床はかな~り水浸しになっているので、通常のバッグだとびちょびちょになっちゃいます?
そこで、持っておいたら便利なのが、ウォータープルーフバッグ!!
 
完全防水で、びちゃびちゃになることがありません✨
お財布や携帯などの小物を入れておくのに便利ですね?
 
サイズも色々あるので、気になる方は、スタッフにお尋ねください☺?
 
ストレスフリーでボートダイビング楽しみましょう~?
 
 
スレート

 
インストラクターや上級ダイバーが持っているスレート!
 
水中でのコミュニケーションツールのひとつ✨
白い板にペンで文字が書けちゃいます!!!
 

水中では、ハンドシグナルで伝えきれないこと沢山ありますよね!
そんなときに、スレートを使うとで、もっと水中が快適で楽しくなっちゃいます(*^▽^*)
 
ダイビングに慣れて、もっとコミュニケーションを取りたい!と思う方は、
スレートを持ってみてはいかがでしょうか?✨
 
速乾タオル

 
ダイビングはもちろん、海水浴やキャンプにも使える速乾タオル!
普段使っているタオルって場所取るし、乾きも遅いですよね?
速乾タオルは、コンパクトで薄いのに水をめっちゃ吸収してくれる+めっちゃ早く乾く最高の一品です!!!!
 
色んなシーンで使える万能なタオルなので、この夏ゲットするしかありませんね✨

ちなみに私は、海で日焼けするためにビーチマット代わりとして使ったりします?(笑)
 
一枚持ってると何かと便利!!おゆきごり押しのタオルです?
 
 
夏のダイビングに向けて、便利グッズをそろえ、ストレスフリーでダイビングを行いましょう~???