ダイビングライセンスを福岡で取得できるオーブダイブトリップ

Blog “Bon Voyage”

Blog

冬のダイビングはインナーが大事!

みなさんこんにちは!おおかわです。
 
趣味とまでは呼べませんが、たまにゴルフ行きます。
初コースの前日にポロシャツと短パンだけでも買っておこうと一人でお店に行きました。
色々な条件が重なり結果、意味不明なコーディネートに仕上がりました。
笑いは取れましたが未だに心の傷が癒えません。
 
ゴルフも独自の文化があり、服装も色々なルールやマナーがありますよね。
ダイビングもルールはありませんが、初めての方は想像もつかない事が多いと思います。
今回はそんな初心者の方向けに、持ち物や服装の悩みを解決していきたいと思います。
 
まずは服装以外の持ち物


 
器材やスーツは置いておいて、その他小物からいきます。
 
・ログブック/筆記用具


ダイビング内容は必ず記録に残していきます。ペン忘れがちなのでファイルに付けておきましょう。
 
・サンダル


冬場だとムートンブーツなど履かれる方も多いと思います。
濡れると大変なので、更衣室や車で脱いでサンダルに履き替えると良いです。
ドライスーツは靴下を履くので足がすっぽり入る形がなお良いです。
 
・タオル


通常のスポーツタオルくらいの大きさで大丈夫です。私のおすすめは↑写真の空色の物体。
スイムタオルと言うスポンジの様なタオルで、拭いて絞って何回でも吸水できます。
ビチャビチャの重いタイルを持って帰る苦労がなくなります。
弱点は拭き心地の悪さと、乾いた時カチカチになるので水で戻す必要がある事です。
 

こちらは良いとこどりマイクロファイバータオルです。
軽くて吸水力高く乾きも早い!お店にも少し在庫あります。
 
・着替え


ドライスーツでも思わぬ水漏れはあります。ダイビング時の服は別に用意しておいた方が良いです。
 
・日焼け止め


夏はもちろん、冬場も紫外線対策しましょう!
 
そして服装は、、

普通が分からないと思いますので、これくらいなら問題ない普通を大庭画伯に書いてもらいました。

襟なし、チャックなし、フードなし、ロング靴下がポイントです!
以前の記事にも書きましたが、やはり専用インナーが良いです!
 

 
専用インナーの良い所①保温性
②撥水性と透湿性
③ドライスーツインナーに特化した設計

 
水温が本格的に下がる12月~3月はロンTでは厳しいです。
トレーナーなど分厚い生地では窮屈で、水中の浮力も上がる為ダイビングが難しくなります。
保温性は保ったまま、しかし軽く薄くを追求しております。

そしてこの撥水力!女の方は長い髪で服が濡れてしまう事がありますが、そんな問題も解決してくれます。

最後にドライスーツインナーに特化した設計とは、例えば足の裾にはマジックテープが付いており

この様に絞れます!

実際にドライスーツを着て頂くと分かるのですが、裾が開いたタイプのズボンだとスネくらいまでめくれてしまって非常に不愉快です!
また、襟の形もドライスーツの首周りの邪魔にならない様になっております。まさに専用インナー!
 
いかがでしょうか。少しは解決のお役に立ったでしょうか?
ご不明点ございましたらスタッフまでお問合せ下さいませ!
夏場は水着さえ忘れなければ何とかなります!

 

2021年・・・水中写真家になります。

 
皆さんこんにちは( *´艸`)
さくです(^_-)-☆
最近お店で流れている沖縄ツアーの写真を横目で見ながら・・・
いつかあんな水中写真を撮りたいと決意をかためました!
今年の目標は、お店のテレビのスライドショーに
自分の撮ったツアーの写真を使ってもらうことです( *´艸`)
 
こんなひそかな目標をもって2021年頑張っていきます(/・ω・)/
それにしても、水中写真は難しい・・・。
 
皆さんのツアーの引率をしながらここぞのタイミングでシャッターを切る・・・。
まだそのレベルでは難しいので・・・、とある火曜日(お店の定休日)津屋崎に水中写真の特訓へ( ;∀;)
ブログでも紹介がありましたが、もちろん水中写真の師匠なっちさんと( *´艸`)
水温12℃の極寒の中、80分間ダイビングしてきました(^_-)-☆
 

 
水中をゆっくり漂い、幸せを運ぶ魚といわれる!!!
あまり動かない生き物『タツノオトシゴ』ではありますが・・・
こんなにも綺麗に取れないとは・・・( ;∀;)
 

 
コチラは、コケギンポ・・・( *´艸`)
水中写真を撮るにはうってつけの『津屋崎・恋ノ浦』のアイドル的存在の生き物( *´艸`)
岩の隙間、貝の中身などじっくり隠れて口をパクパクさせながら一日を過ごしている魚ですね!!
 
この子の前に、少し小さめの貝殻を置いてみると・・・可愛らしい一面が見れます( *´艸`)
どんな反応をするのかは実際に海に行ってのお楽しみ!!!
 

 
かるーーーく津屋崎の恋ノ浦で見ることができる生き物を紹介しましたが!!!
なんと・・・80分かけてうまくいったのはこの二枚・・・💦
スライドショーは、まだまだか・・・( ;∀;)
https://www.au-be.net/staffblog/2021/01/13/10521.html
ちなみになっちさんの水中写真はコチラから↑
まだまだ天と地ほどの差があります・・・"(-""-)"
 
 
まだまだ、練習必要ですが・・・あきらめません!!スライドショーにのせてもらうまでは!!!(笑)
 
そして、1/20日!!
この日は皆さんのツアーの合間に少し練習( *´艸`)
福岡天神から車で約30分・・・
奈多のボートダイビングに行ってきました( *´艸`)
 
この日は、海の風景や、ダイビングをしているダイバーの姿を写真でとってみました(^^♪
 

 

 
やはり・・・泡を吐くタイミングや、動いてる魚は難しい・・・(´;ω;`)
魚の動きの予測や、息を吐くタイミング、周りを見る力がすごく上達し
より、安心・安全にダイビングを楽しむことができたり、良いところが結構あります(^^♪
 

 

 
ハリセンボンはしっかり頂きました( *´艸`)
なかなか、難しいですがやはり、カメラを持ってダイビングをしていくと楽しかったり!!
普段、目に留まることのない生き物を発見できたりと楽しみはたくさんあります(^^♪
 
いずれは、僕の写真だけではなく、皆さんの撮った水中写真をお店で流したり、
水中写真のファンダイビングを作ったりいろいろなことができたらいいなと日々想像しています( *´艸`)
 
最近では・・・カメラを持ってる方・持ってない方でも参加できる
『津屋崎・恋ノ浦or京泊』ファンダイブを開催予定です!!
・生き物を探すのが好きな方
・とにかく水中写真を練習したい方
・カメラが気になるけど・・・(´;ω;`)
・ちょっとでも興味がある方!!
是非是非、参加してみてください( *´艸`)
ツアー情報はコチラから(>_<)↓
https://www.au-be.net/tour/neartours/
 
 
インストラクターの僕・・・負けるわけにはいかないので、ひそかに自宅で練習中でございます(^^♪
 

 
コロナであまり大人数では行けませんが、感染対策をしっかり行い、
一人一人が対策の意識をもってダイビングを楽しんで行きましょう( *´艸`)
 

 
 

海の生き物を調べてみよう!

みなさんこんにちは!おおかわです。
 
ペットを飼ったことがありません。
子供の頃、犬を飼いたかったのですが親に大反対され諦めました。
少し前にその親から、犬を飼い始めたと写真が送られてきました。
かわいいですU^ェ^U
 
今回は生き物のお話です!
何派ダイバー?


ダイビングを楽しんでいる理由は人それぞれです。
単純に海が好き、水中の光や呼吸音など非日常感、水中の浮遊感、
洞窟など地形を楽しむ、そして魚や生き物に出会う事!
 
ダイビングをした事がなくても、カメを見たい、イルカを見たい、
くらいは思った事があると思います。
私もダイビングを始めた時に、ナポレオンフィッシュとバラクーダを見る事を
一つの目標にしました。はい、どちらも叶っていません。
そんな私が出会えた生き物を紹介したいと思います。
 
認知度&人気No.1


「カクレクマノミ」
ニモに似ている事で一躍有名になりました。
違うあれは「クラウンアネモネフィッシュ」がモデルだ!
とムキになるのは一般の方に苦笑いされるので止めましょう。
ベタですが水中で泳ぐその姿は可愛らしくテンションが上がります。
これは沖縄本島で見ました。
 
いきなりマニアック


「アカグツ」
アンコウ目。普段は水深  50m~400mと深い場所に生息しているそうです。
季節によっては比較的浅い場所に現れます。
 
高知県にスタッフだけで潜りに行った時に見れました。
事前に現地スタッフの方から目撃情報があり、見れたら良いな〜と言ってたら
いきなり現れたのでみんなこの必死さです。

 
もはや間違い探し


「ピグミーシーホース」
タツノオトシゴの仲間です。これも高知で見つけました。
水中でガイドに紹介された時、何人かは分かったフリしていると思います。
なんせこの大きさなので。

この小さな生き物を写真に撮ろうとこれまた必死でした。
 
お気に入り


「カエルアンコウ」
このキモカワイさがたまりません!どんとした手とちょっと怖い目が良いです。
どこかでカエルアンコウぬいぐるみがあったので買いそうになりました。
これは延岡です。30cmくらいのオオモンカエルアンコウもいて大満足でした。
 
まだまだ、まさに星の数ほど海には生き物がいます。
そういえば、昔ニタリザメに会いにフィリピンに飛んだスタッフもいました。
マンタに会いに石垣島を目指すも良し。
生き物から目的地を探すのもダイビングの楽しみ方です!
 

ダイビングを楽しむポイントとは

みなさんこんにちは!おおかわです。
 
カッコイイだけが理由で家のPCはMacBook Proです。
ほぼネット検索しかしていません。
今年の目標は画像・動画編集スキルを身に付ける事です☆
 
今年の目標はダイビングライセンスを取得する事!という方もいらっしゃると思います。

興味はあったが、やった事ない遊びNO.1ではないでしょうか?
私の経験からダイビングを楽しむポイントをお伝えしたいと思います。
 
 ライセンス取得までの流れ

まずは無料説明会にご参加!その後は、
学科講習→プール実習→海洋実習→筆記テスト→ライセンス申請
と簡単にご説明するとこのような流れになります。
学科講習はお店でお勉強、実習は実際に水に入って器材の使い方など練習します!

 
 練習は必要!

いきなり面倒そうな話ですが、ダイビングは優雅に潜る為に練習が必要です。
器材の使い方、水中への沈み方(潜行)、水中でふわふわ浮かぶのにもコツがいります。

スノーボードでも初回で楽しむまでは難しいと思います。(私は苦痛でした)
転んで転んで、何とかターンができる様になり、転ぶ回数も減ってきた頃に
「やっとスノボらしくなってきたな~」と似ています。
 
目的は世界中の海で楽しく潜って頂く事です。
その為にもライセンス取得後の継続した練習が重要です!
 
 ダイビングが趣味になると

・旅行の幅が広がります!
ダイビングを目的に探すので、今まで思いつかなかった場所が候補地になります。
以前にご紹介した、高知県・沖の島はまさにそうですね。
綺麗な海も、海水浴だけではもったいないです。
プライベート旅行でシュノーケリングも試してみましたが、
観れる景色も魚も全く別物でした。
 
・同じ趣味の仲間ができる!
ライセンス講習を受講される方の9割くらいは、お一人でダイビング経験なしです。
海洋実習で、講習後のダイビングツアーで、飲み会で、色々な場面で知り合いが増えていきます。
「仲良くなったので一緒に沖縄でダイビングして来ます!」といった声もありました。

 
後は、水中カメラを極めるも良し、
海底遺跡や沈没船や洞窟を目指すも良しです!
楽しいダイビングライフのお手伝いさせて頂きます!

準備をしよう!!

昨日、初夢を見た。道で自分の顔よりもでかい黒い受話器のような携帯で電話している夢を見ました。大変そうだった事を覚えています。いい夢なのか悪夢かすらも分かりません。
福岡からこんにちは、岡田です。
 
今日から福岡も緊急事態宣言が発令されました。やっぱりもう少しガマンが必要なようですね。ここは一丸となってコロナに打ち勝っていきましょう!!
 
今日はこんな時期だからこそ、器材のメンテナスをしましょーブログです!
最近よくブログでも登場する謎のちょっと特殊な柄のフードを所持している男、「おおかわ」も言ってましたが各器材はメンテナンスが大切です!
軽器材は一度バラして水洗い。そしてスーツはクリーニングです。
これらは使用頻度によってメンテナンスをしましょう。
しかし重器材(特にレギュレターやインフレターホース)は使用頻度に関係なくメンテナンスが必要です。いわゆるオーバーホールというやつです!!
なぜかというと、レギュレターなどにはOリングといってたくさんのゴムで出来たパーツが劣化したり、塩や錆が付着したのを放置しておくと金属が腐食してメッキが剥がれたりするからなのです。では見てみましょう!!
 

 
ほら、こんな感じになってしまいます!! 目安は1年に1回です。施工期間は約1ヵ月なのでこんな時期こそお忘れの方はお早目にスタッフまでお申しつけください☆
詳しい流れは「おおかわブログ」にも書いてるので見てみてくださいw
https://www.au-be.net/staffblog/2020/10/04/
 
緊急事態中はお店の営業時間を13:00~20:00までとさせて頂きます!!
インフォメーションにも詳しく載せますのでこちらの方をご覧ください。
https://www.au-be.net/info/2021/01/14/503.html
 
大変な時ですが、先の楽しみの準備やイメージをしながらみんなで頑張って耐えていきましょう!!
 

 
Aubeは新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して営業しております☆