ダイビングライセンスを福岡で取得できるオーブダイブトリップ

Blog “Bon Voyage”

Blog

冬のダイビングでの便利グッズ!

みなさん、こんにちは!
いよいよ冬の到来ですね...(•_•)⛄
 
寒いの嫌だ~~~今日も悶えてます。ゆきです。
 
冬のダイビング・・・
私のような超絶寒がりは、少し敬遠してしまうかもしれませんが、
冬ってすごく海がきれいなんです。冗談抜きで!
 
だから冬でも潜りたくなっちゃうんですよね🥺
寒さを防ぐ方法はたくさんありますし、以前のブログでも紹介しているのでチェックしてみてくださいね!
 

冬のダイビング!寒さ対策!


 
 
今回は、冬のダイビングを快適にするあったら便利なグッズたちを紹介していこうとおもいます!!
(夏にダイビングを始めたダイバーさん参考にしてみてくださいね😎)
 

 ウィンドブレーカー


あると便利なウィンドブレーカー!!!
これは、ボートダイビングをする際にもってると便利ですよ!
 

(ポーズ笑笑)
 
冬のボート上は、陸上より風が吹くので寒いです💦
ドライスーツを着ててもいいですが、首の締め付けが苦しい時は上半身だけでも脱ぎたくなります(笑)
 
そんなときに一枚羽織るものがあるとよし◎
ボート上は水しぶきもあるので雨風防いでくれるウィンドブレーカーが超オススメです😊🤞
 

 靴下用カイロ


お次は、靴下用のカイロ!
これは、私がほんっっとに冬助けられたヤツ・・・(ಥ _ ಥ)
 
私みたいな末端冷え症者は絶対持ってて損はないですよ💪🏼
足先から冷えていくタイプの人間なので、靴下にカイロ貼ってると水中でも陸上でも本当にあったかい!
 
ちなみに通常の貼るカイロは、お腹と首裏に貼ると無敵になります👏🏼
冷え症の方は、マストGETです!!!
 

 つっかけ


ウェットスーツシーズンでは、ビーサンで間に合いますが冬はビーサンだと少しやりづらいことがあります。
ドライスーツは、基本的に靴下を履くのでビーサンよりつっかけタイプサンダルがおすすめ😊
(さくさんがよく履いているみたいなやつ!)
 

 
スニーカーでも問題ないですが、濡れる心配もあるのでサンダルがいいですよ🙆🏽‍♀️
 

(写真はころすけです。)
こんな感じで楽々にドライスーツ着れます!
つっかけタイプのギョサンが一番パーフェクトですね✨
 
ダイビング用に一足もっておくと便利!!!
 

 ウエイトベスト


最後はウェイトベスト!
通常ウェイトは、腰に巻いたりBCDの備え付けウェイトポケットに入れたりするのですが、
ウェイトベストはその名の通りベストになっているので、めちゃくちゃ体が安定しやすくなります!!
 

 
5つのポケットに専用のウェイト入れることで重さを分散させるので、腰がいたくなったりすることもなくなりますよ💪🏼
見た目もプロっぽくてかっこいいですね!(笑)
 

 
ウェイトベストはMAX2.5KGなので、足りない分はBCDのウェイトポケットにウェイトを入れて調整します◎
 

(ウェイトはこんなかんじ!一枚500グラムの重さです)
 
重さの分散によって身体の負担が減るので、女性にもおすすめですよ✨
 
 
以上、冬のダイビングであると便利なグッズだちを紹介いたしました🎃
まだまだ他にもこんな便利グッズがあるよ!と思った方はぜひ教えてくださいね🤍

🐠オーブダイビングツアーはコチラをクリック🐠


地味だけど実は重要なダイビングアイテム!

こんにちは。
知らぬが仏って言葉あるけど、まずは知らないと
知らなければ良いことかどうかわかんなくない?
知っといた方がいいことも知らんままじゃない?
どっちがいいなんて自分で判断するくない?て思います。さくらです。
 
今回はダイビングアイテムで知ってた方がいいよねってことのブログです。
 
知らなければこれ何のためにあるんだろうって思うけど
実はダイバーにとってとても便利な細かい小道具をご紹介します😊
ダイビングハンガー

器材を洗った後は、乾かすためには干さなければいけませんよね!
でもそのまま地面に置いてしまうと、せっかく洗ったのに砂まみれになっちゃう…
そんなときに役に立つのがダイビングハンガーです!
ダイビング器材を干すために便利なダイビングハンガー
この変な形をしているのが重要なポイントなのです🤲
 
ダイビング器材はグローブやフードなど小物を合わせると意外と多いです。
バラバラに置いてしまうと無くしちゃうこともあります😣
 
このダイビングハンガーはそういった細かい小物も重器材も全部まとめて干すことができるので
無くすこともなく、場所も取らずコンパクトに干せますよ💁‍♀️💁‍♀️
しかもハンガー自体も解体してしまえるので邪魔になりません!!

完璧な干し方がこれだ!!!

みんなも真似してスマートに干してね🤞🤞
 
マスクバンド

マスクをつけた時に後頭部に来るマスクバンド。
あれはただの飾りじゃなくて、実は無いとけっこうストレスなんです😫

マスクのストラップもマスク同様、顔になじみやすいようシリコンでできてます。
だからそのままつけるとシリコンのあの質感で髪の毛を巻き込んでブチブチ抜けちゃいます…。
 
ダイビングは経験を重ねると上手になりますが、そのたび髪が抜けて
上手さと引き換えに後頭部の髪を失ってしまうことになるなんて嫌ですよね~😟
それを防ぐためにあるのがマスクバンドです!
抜け毛を防ぐ上に、色んな色があって可愛さにもこだわれるので大事なヤツです🤲

ホースホルダー

BCDにピッとついてるこれは、小さくて一見何に使うかわかんないし、
意外と知られてないことが多いんですがとっても役立つんですよ🤞

オクトパスやゲージは、普段は使わないので水中では漂わせてる状態です。
でもそのままだと足に絡まって邪魔になったり、
地面を引きずって砂が入り、オクトパスやゲージが壊れてしまう確率が高くなってしまいます😭
それに、下がサンゴ礁の場合、ガンガン当たってサンゴが折れてしまいます。

そんなことが起きないように、オクトパスとゲージをまとめておくことができるアイテムが
ホースホルダーになります👏👏
これでサンゴを折ることも、地面を引きずることもなくなりますね!

 
リップシール

リップシールはレギュレーターのマウスピースの部分ににつけるやつで、
付けると赤ちゃんのおしゃぶりみたいな見た目になります👶

だけどこれは可愛さを出すためじゃなく、唇が直接海水に触れることを防いで
保温したり、クラゲからの攻撃を防ぐことができる小道具です👶👶
フードを被って、リップシールも合わせればほとんど顔が出ないので
寒い所の海でも守られますね😉

こんな感じで、小物だけど実はとても役に立つアイテムを駆使しながら
少しでも快適にダイビングができたらいいですね😉
こんなんもあるよーて物があればぜひ教えてくださいね~!

ダイビングの器材たち

 
最近自宅の水槽を改造しています。
改造するために工具を買いあさる毎日です・・・。
 
なんか工具って色々あってワクワクしますよね・・・( *´艸`)
皆さんこんにちは、さくです|ω・)
 
今日は色々あるダイビングの器材について!!
 
ダイビングの器材の種類

 
いろいろな種類、数があるダイビングの器材。
名前や準備、セッティング、忘れ物チェック、使い方など・・・覚えることが沢山あります!
しかし!!
ダイビングの器材は実は大きく分けて3つしかありません!
このポイントさえ押さえておけば大丈夫です!!
 
・軽器材
・スーツ
・重器材
 
各機材の特徴を覚えて記憶しておくと覚えやすいです!!!
 
軽器材

まずは、軽器材!
特徴は、直接身に着ける器材のことを軽器材といいます!
直接身に触れるものが多いです!!
 

 
・マスク
・スノーケル
・フィン
・ブーツ、グローブ、フード
・アンクルウエイトなど・・・
 
見た目も様々で、中には種類があったり|ω・)
 
スーツ

お次はスーツ!!
保温スーツです!ダイビング中の体の保護や保温のために身に付けます!
サイズ感がとても大事で・・・約40か所も計測します( *´艸`)
ほとんど抜け殻です!!
 

 
・ウエット(福岡近海は6~9月)
 

 
・ドライスーツ(福岡近海は10~5月)
 
カラーバリエーションも豊富で一番個性が出ます!
季節、切り替えのタイミングが難しい場合はぜひスタッフまで( *´艸`)
 
重器材

重器材はダイビングをするうえで必ず必要なものです!
 

 
・BCD
・レギュレーター
 

 
・ダイブコンピューター
 
中には、呼吸がしずらいレギュレーターもあれば呼吸がしやすいレギュレーターもあります!
重器材・・・と聞くとなかなか重そうな雰囲気がありますが・・・
実際の重量はそこまでありません( *´艸`)
ダイビングの器材で唯一オーバーホールという作業が必要となってきます。
 
各種海でのまとめ方

これからの季節は陸上も寒くなり、準備・片付けのスピードが重要になってきます。
 

 
軽器材のまとめ方( *´艸`)
 

 
重器材のまとめ方( *´艸`)
 
このまとめ方を知っていれば、片付けや準備が格段に速くなり楽になります!!
まとめ方を知っていれば、忘れ物もなくなり快適にダイビングを行うことができます( *´艸`)
 
最後に

器材がないとダイビングをすることができません💦
高価なものですので・・・管理の仕方、特徴を理解して大切に使っていきましょう( *´艸`)
 

 

コンデジ水中最強説。

すっかり秋ですね~
食っちゃ寝→桃〇→食っちゃ寝・・・
食欲しかありません。
太った?しか聞かれません。
こんにちは!なっちです☀
 
食欲並みに写真撮りにイキタイ欲が急上昇中。
もちろんみんなで水中に!
カメラダイバーの休憩時間
ダイビングを始めようかな~
ダイビング始めて上手になって暇になってきたな~
とか思って水中カメラ気になっちゃってる人へ!
今現在コンデジで撮っている方も楽しめるはず!
あ、コンパクトデジタルカメラの略です。
こんなやつ↓

カメラ持ってたりもうすでにある程度遊んでる人は
知ってるし~な情報もあるかとは思いますが・・・
深堀りして毎週お届けできるよう連載企画です!
 

コンデジが水中最強たる所以。


コンデジ水中最強説~その①~


【何よりぶら下げて海へ入れる軽快さ!】


誰よりも綺麗に撮りたい!
と一眼を選ぶ猛者も当然おられますが・・・
何より大きく重たいしんどい・・・
【陸上総重量5㎏以上になることも💦】

 

さすがにBCDにぶら下げて~なんかは✖。
コンデジは一眼と比べると持っていきやすいサイズ。

ハイ、めちゃくちゃコンパクト~。
ただでさえ重たいタンクやらなんやらで重装備な遊び。
このコンデジの良さは
ダイバーならおわかりいただけるでしょう・・・
 

コンデジ水中最強説~その②~


【ワイコン付けたらもう無敵!】


ワイコン→ワイドコンバージョンレンズの略称ですね。
コレ付けるだけで超広角写真が撮れちゃいます!

 

サンゴも遺跡もバッチリ🎵
 
ちなみにさっきのダイバーも3人ともワイド撮影仕様!

特にオリンパスのTG4以降のモデルはマクロ(小さいモノを大きく映す撮影方法)に強い!
マクロ撮影の時はワンタッチで外すだけ!

ふぅー!
外したレンズはアームへ!
らくちん!

 

これだけ重装備に見えてもだいぶ楽に綺麗に撮れます!
撮り方のコツはまた次回・・・
 

コンデジ水中最強説~その③~


【水中カメラとしては接しやすい価格!】


一眼レフカメラ(3-40万円程)と違って本体で3-10万円程。
ハウジングと呼ばれるケースに入れて水中に持ち込むんですが・・・
そのハウジングも一眼は本体価格くらい💦
コンデジはその半分以下の価格で抑えられます。
決して安い買い物ではないですが、どちらが接しやすいかというと一目瞭然。
値段以上の価値や素晴らしい写真は確かに撮れるんですが・・・
インスタグラムなどで共有するくらいならコンデジで問題なしです。
 
次回予告!

コンデジ水中最強説~その④-⑥~


【コンデジの上手な撮り方!】


特にTGシリーズお持ちの方が多いので・・・
超お手軽水中モードの簡単な使い方や、
買ってスグ綺麗に撮れる設定だったりと
シンプルに書いていこうと思います!
 
カメラファンダイブも開催中!

おもにマクロ撮影メインですが・・・
思いっきり写真の練習ができるように!
奈多や津屋崎、リクエストあればどこへでも!
→ツアー情報はコチラをクリック←
この冬たくさん潜ってたくさん撮って・・・
オーブフォトコンテストしましょ♡
次回もお楽しみにー!!
 
 

知る人ぞ知っている!津屋崎ダイビングの魅力!!!

みなさん、こんにちは!!!
 
最近なっちさんからカメラを貸してもらえるようになりました!どうも、ころすけです!
これでバシャバシャ撮って映え映えな写真をオーブのインスタに載せてもっと輝かせたいと思いますq(≧▽≦q)
 
これから冬になってきて透明度も良くなりカメラの練習にちょうどいいので
冬のカメラファンダイブはおすすめですよ(*^▽^*)
 
今回はそんな冬のファンダイブの中でも、
僕的に行きたい津屋崎の海を紹介したいなと思います!!!
ビーチって理由もあり知られていない魅力が沢山ある津屋崎ですが、
知れば知るほど沼にはまるのが津屋崎なんです!!
そんな津屋崎がみんなに伝わればいいなと思います(❁´◡`❁)
 
津屋崎の海の写真
 
 
なんといってもマクロ!!!!!

 
そう!!!なんといっても津屋崎はマクロです!!!!
 
津屋崎の生き物は大物が沢山いるというよりかは、
小さくて色鮮やかな生き物が隠れているので宝探し感覚で生き物を見つけるのが特徴です!
ウミウシ、ハゼ、タツノオトシゴ、ギンポ、、、、、、
夏になると色鮮やかなスズメダイ系の魚なんかも見ることができて
生き物が好きな人にはうってつけな所ですねq(≧▽≦q)
 
クロシタナシウミウシ
 
ハゼ
 
タツノオトシゴ
 
ギンポ
 
ソラスズメダイ
 
マクロの写真を撮りたい方は絶対にオススメできるポイントです( •̀ ω •́ )✧
 
また昼と夜でも見れる生き物がガラッと変わってきます!
昼間は主に魚系の生き物ですが夜はエビやカニなどの甲殻類系の生き物や運が良ければサメなんかもビーチで見れちゃったりします!!!
 
ヤドカリ
 
ナイトダイビングも最強ですヾ(≧▽≦*)o
 
この他にもいろんな生き物がいて、
普段見る事のできない生き物なんかもたまに見れたりするので毎回新鮮です!
 
地形も様々!

 
津屋崎は地形も面白く、
エントリーする所はゴロゴロとした岩石が地面のゴロタが広がっています。
しばらく進んで行って大体水深が4、5メートルくらいまで行くと一面が砂の砂地に出ます!
二つの地形で見れる生き物も変わってくるのも魅力の一つです( •̀ ω •́ )✧
 
岩場ではカサゴやベラなどの根魚や回遊している魚や、
岩の間に隠れているエビやウミウシを見ることが出来ますq(≧▽≦q)
砂地ではカレイやヒラメなど砂に隠れる系の魚や、
砂の中に巣を作るハゼやマゴチなどが見れます!
 
カレイ
 
マゴチ
マゴチです⤴
 
こんな感じで場所によって見れる生き物が違うのでそこも魅力の一つですq(≧▽≦q)
 
おまけ

 
後は海の上の景色もきれいですね!
塀の上から撮る海の写真は夏休みの一間みたいな感じが出てとてもいい感じです*^____^*
 
昼間の津屋崎
 
特にナイト前の日の入りの時に撮ったらめちゃくちゃエモいです(❁´◡`❁)
 
夕方の津屋崎
映えますね(*^_^*)
 
と、陸上でも水中でも映えまくりな写真を撮れる津屋崎、、、
冬に一度潜ってみてはいかがですか?
バンバンツアーも開催しているのでチェックしてみてくださいね(❁´◡`❁)
ツアー情報はコチラから⤵
https://www.au-be.net/tour/