人生には絶対外してはあかん時がある。だが皆さんもそんな時にやらかしてしまった思い出があるだろう。私もそんな思い出がある「くち」だ。
 
卒アルの集合写真の日に休んでしまい特別枠に追いやられたり・・
小学校の放課後クラブを決める日に休み、見事に女子ばかりの茶道部所属になってしまったり・・
さらに活動初日に休み、茶菓子の買い出しだけが仕事のキャプテンに任命されていたり・・
 
ダイビングという遊びにもそんな瞬間はやはりある。
同じ海に潜り同じようにダイビングを楽しんでいても、一瞬の出来事のように去っていくレアな生き物達を見事に見る事が出来た人、出来なかった人がいるものです。
でもお客様にはダイビングだけはあまり外したことがない「くち」になってほしい!!
その為には、よくインストラクターやガイドを見ていてほしい!
なるべく近くにいてほしい!
そしてよく分からないままOK返しをしないでほしい!
と今日も福岡のお店で1人机の上で熱く思いペンを走らせます。こんにちは岡田です。
 

水中での集合写真もそんな特別な瞬間を記録に残す大切な瞬間だ。
ちょっとしたコツで綺麗な写真になるものです!
写真を撮る人の3 2 1の合図でするべき事は
3・・息を大きく吐く
2・・息を止める
1・・ニコっと笑う
カシャ
※カシャ、ニコッになりがちなので要注意
 
てな感じで撮ると泡もなく綺麗に撮れます。
1本のダイビングを大切に、そして外す事なくいい思い出にする為に色々試してみましょう!!