ダイビングライセンスを福岡で取得できるオーブダイブトリップ

Blog “Bon Voyage”

Blog

福岡でダイビング始めよう!ダイビングショップの選ぶ時のポイントをご紹介!!

こんにちは!オーブのゆきです。
 
福岡の地でダイビングを始めたい!
そう思って「福岡 ダイビング」と検索をかけたけど、ぶっちゃけどのお店がいいかがわからない。
ショップによって違いはあるの?と感じている方は多いはず!
 
ダイビングショップ選びって意外と難しいものです。
 
低価格だから危ない、高価格だから良いそんなわけでもありません。
福岡にも数多くのダイビングショップがありますが、お店のカラーも様々!
アットホームなお店もあれば、ストイックなお店もあったり...
 
ダイビングを趣味でやっていくとなると、ショップとは長いお付き合いになりますので、
自分に合ったダイビングショップを選ぶことが肝になってきます!
 
今回は、ダイビングショップを選ぶ時のポイントをご紹介いたします。
 

 

 費用


ダイビングを始めるにあたって、費用が一番気になるところではありますよね!
ショップによってライセンス代、器材レンタル代、ツアー代の料金は様々です。
 
同じライセンスでも、取る場所によって内容・費用は変わってきますし、
安ければいいというわけでもありません。
 
ダイビング上達させたい、習いたいという方向けに費用はかかりますが、しっかり教えてくれるダイビングスクールもありますし、
とりあえずライセンスだけ取ろうという方向けには、最短で安価に取れるショップもあります。
費用だけを見て考えるより自分が何を求めるかで選ぶことがお店選びで失敗しないポイントです!
 

 お店の雰囲気


ダイビングを続けていく上で、ダイビングショップとは長いお付き合いになります。
ですので、自分にあったお店の雰囲気じゃないと通うのが億劫になってしまいます...。
 
お店によって、コンセプトが様々です。
みんなでわいわい楽しむお店、アットホームなお店、ストイックに一人でスキルを攻めるお店などなど...
費用もそうですが、せっかくダイビングをするのであれば自分の居心地のいいお店を選ぶ方がダイビングも続けやすいです😊
 
お店の雰囲気を知るためには、お店のブログをのぞいてみてください☆
オーブの雰囲気もブログを見ていただけたらわかります✨
 

 

 客層


ダイビングは年齢関係なくできる遊びなので、お客様の層も様々です。
一緒にツアーへ行くダイバーさんの年齢層は気になるポイントです。
年齢が大幅に片寄っているお店はそんなにないと思いますが、ある程度同年代がいたほうが心強いですよね✨
 
実際にお店に足を運んでスタッフに聞いたり、電話でお問合せして聞くのが一番!
 

 

 スタッフ


ダイビングショップの色を作るのは、スタッフの個性!
ショップにどんなスタッフやインストラクターがいるのか把握することはとっても大切です。
 
女性インストラクターやベテランインストラクター、
しっかり教えてくれるインストラクターがいるのかはショップを選ぶポイントのヒトツ!
特に女性は、女性インストラクターがいる方が心強いですよね😊✨
 

 

 まとめ


ダイビングを始めるにあたって、ダイビングショップ選びはかなり重要です!
費用だけでなく、お店の雰囲気やスタッフを見ること、続けられる・安心できるショップかどうか見極めることが大切です😊
実際にお問合せしたり、お店に足を運んだり、ブログをのぞいてみたりと自分に合ったダイビングショップを見つけてくださいね☆
 


ライセンスについての説明や金額など詳しい説明、ダイビング興味あるな~という方は、
無料説明会行っているので、お気軽にお問合せください😊✨

🐠お問合せはコチラをクリック🐠

ダイビングでクジラと一緒に泳ぐには?遭遇率が高いのはどの時期?

こんにちは~
3歳の頃の将来の夢は「クジラ」でした。さくらです。
 
将来クジラになるのが夢という人は少ないと思いますが
ダイビング中にクジラと一緒に泳ぐのが夢というダイバーは多いはず!
 
どこでどんなクジラに会えるのか、どの時期の遭遇率が高いのかをご紹介🐋
 

ダイバーの夢!ダイビンでクジラに会うためには?


・クジラに会える確率が高い時期と場所!


船の上から見るクジラウォッチングと違って、クジラと一緒に泳ぐというのは
季節や海の状況、ダイビングのレベル、クジラの気分など色んな条件がそろってできるもの。
だからこそ出会えた時の感動は素晴らしいのです✨
なので確実!ということはいえないですが、
国内で割と会える確率が高い場所をご紹介していきます!
 

鹿児島県➤沖永良部島


沖永良部島には、ザトウクジラが繁殖のためにやってくるため、遭遇率が高い!

繁殖のピークの1月~3月頃になると赤ちゃんクジラに会えるかも👶
ザトウクジラはクジラの中でも好奇心が強く、感情豊かなので大迫力のジャンプが見れたり
海中では歌声を聞けることができるかもしれませんね🐋
 

東京都➤小笠原諸島


まず東京の海でダイビングできるの~て思った方もいると思います。
小笠原諸島は、世界遺産に登録されており、東京都から約1000kmの場所にある島で
「東洋のガラパゴス」と言われ、世界的にも有名な生物と自然の宝庫なのです!
この小笠原諸島は、日本で初めてホエールウォッチングを始めたところ。
特に母島は、ダイビング中にクジラザトウクジラに会える確率も高い!
ピークは2月~4月で、繁殖と子育てのためにやってきます。

クジラに会えるポイントまでは港から10分ほどなので陸から見えることもあるかも、、✨
ザトウクジラのシーズンが終ってもマッコウクジラが見れたり
小笠原諸島はいろいろな生物に会えるチャンスが沢山ありますね。

 

沖縄県➤座間味島


ダイビングで有名な沖縄ですが、その中でもクジラと言えば座間味島です。
シーズンは12月~3月で、ザトウクジラが繁殖のためにやってきます。
座間味島のホエールウォッチング・ホエールスイムは、他と違って
高台からクジラを見つけてから船を出すので、長い時間船に乗って探し回るより
クジラに会える確率は上がります!
 
もし見つからなければ全額返金や、もう一回チャレンジできるシステムがあるので
絶対に見たい人はおすすめですね😊


 
憧れのクジラとダイビングですが、いくら遭遇率がたかくても
一緒にダイビングが出来ないと意味がないです!
そのためにはある程度技術を付けて
突然の遭遇にもちゃんと対応できるようにしておくようにしましょうね🤲

ダイビングにおける綺麗な写真とは・・・!

 
皆さんこんにちは!
最近インスタグラムで綺麗な写真を見ることが、多くなってきました。
僕なりに考えた綺麗な写真とは・・・
また綺麗に撮る、映るテクニックをご紹介いしていきます!
 

 

ダイビング綺麗に映る、撮るテクニックとは!


 
綺麗な風景を撮る
 

 
必須の条件は、水景を荒らさないです!!
海底や、岩などにキックをしてしまうと砂や汚れが舞い上がってせっかくの景色が台無しになります・・・
まずは、落ち着いて着底・・・
又は、なるべくバタつかずに水中に浮いている状態をキープするのが必須になっていきます!
 
そんなにきれいな景色でも、砂で前が見えなくなるともったいない・・・💦
撮る側も撮られる側も気を付けましょう!
 
アドバイスは、太陽の光を入れると写真自体も明るくなり光が差し込み綺麗に映ります!
上向きに!意識してみてください!!
 

 
綺麗な生き物を撮る
 

 
海の宝石ウミウシや、ウミガメやマンタなど海には綺麗な生き物や、
大きな生き物を撮りたくなります!
 

 
綺麗に撮るポイントは水景を荒らさない事!
と、ライトやストロボなど発光する器材を使うことでうまくピントが合い綺麗に写すことが出来ます!
 

 
事前に打ち合わせした構図で
 

 
潜る前の、ブリーフィング必須です!!
潜る前事前打ち合わせ、どういう行動、タイミング、スキルなど
全部打合せしてダイビングをします!!
1人でもずれてしまうと・・・。
頑張りましょう!
 

 

オススメリゾート地3選!!


 
宮古島
 
日本屈指の地形ポイントで、洞窟、地形文句なしのロケーションです!
その他にも大型の生き物の可能性も・・・。
 

 
石垣島
 
マンタポイントと言えばここ!
頭上を越えるマンタや、クリーニング中のマンタも圧巻です!
 

 
与那国島
 
ハンマーヘッドシャークや、海底遺跡もあり
ハンマー&人間&遺跡はここで撮りましょう( *´艸`)
 

 
いきなりリゾートを責めてみるのも全然ありですが、
余裕が無かったりうまく写真が取れなかったりするので、まずは自由に動けるまで練習していく。
練習をすることで、普通に水中に浮くことが出来たり、疲れなくダイビングが楽しめてくるので
まずは、経験値を積んでいきましょう!
 
近場でのツアーも充実しております!
ツアー情報はコチラから( *´艸`)↓
https://www.au-be.net/tour/
 

 

台風時期のダイビング✨

みなさんこんにちは🌞
昨今、残暑続く中、日々『日焼け』進化を続ける本日も『マンデイ392』です👍

日焼け体質・・40年以上も経験すればそれはもう『黒光り✨』
いつかこの『マンデイ』の『ヒ・ザ・の・ひ・か・り』・・検証あれ👍
 
しかし、とうとうやってきました『このシーズン』!!
そう!!!台風🌀💦
サーファーからすると吉報✨
しかしダイバーには『強敵』💦
 
昔の名マンガ・・『北斗〇拳』
主人公は言いました・・・『強敵』と書いて『とも✨』と・・・
 
この『マンデイ』・・
『台風』の事を『強敵(とも)』と言っております!!!
なぜか・・・!?✨
 
経験上・・・
①濁りまくっていた海水を蹴散らし、一気に綺麗にしてくれた事が・・

黒潮なのか、ただきれいな海水を台風が押し上げたからなのか・・
(当時の写真で画像が荒く、すいません💦💦)
濁っていると思っていた当時の『マンデイ』に最高なサプライズ👍
可能性的には稀ではありますが、いい方向になることも・・💕
 
②南方の生物たちを押し上げ、近場での潜水を毎年彩ってくれる✨
これからの季節、生物的には1年で最高のシーズン✨
毎年10月、11月は生物が豊富に・・💕(これは普通( ̄ー ̄)ニヤリ)
さらに台風が南方の魚を押し上げ、まさかの生物を運んでもくれます!
これからのシーズン、透明度が普通に見れるときは周りを見渡していきましょ!
 
『なに!!あれ!!?』的な生物が普通に泳いでたりすることもあるので👍

 
③学校が休みになったから( ̄ー ̄)ニヤリ
・・・
・・・
 
台風で波が発生するとどうしても中止にするしかないときは当然あります💦
『くじ運』みたいなものでもあるので、中止に当たった人はすぐに次の予定を✨💦
 
しかし、『台風』は悪い事だけを運ぶものではありません!!!
『恩恵💕』をくれることもあります👍
地球の・・大自然の・・壮大さを味わうのも『ダイビングの魅力』👍💕
上手につきあっていきましょう・・👍
 
それではまた来週(以降)に~~~👍
 
オーブ  ミクニ
 
 

ダイビングとスノーケリングの違いって?

みなさん、こんにちは!
 
ころすけです!
8月も終わり福岡は夜が涼しくなってきましたね。
福岡ではそろそろ海水浴の時期は終わりますが、ダイビングは今からも面白いですよ😆
 
さて今回は若干似ているマリンスポーツ、ダイビングとスノーケリング。
この2つのスポーツがどんなところが違うかを書いていきます!
 
散策の方法

・スノーケリング


スノーケリングの散策の仕方としては水面から下に広がる海の景色を見るのが一般的です!
一応下に潜る事も出来ますが水中でも呼吸が出来る道具がないのでずっと水中には入れないのと深く潜る事は出来ません。
 

 

・ダイビング


360°水に囲まれた水中の世界で様々な物を見に行く。
これがダイビングです!
呼吸器を使用して潜っていくので深い場所や長時間水中にいる事が出来ます!
また岩場や海底にいる生き物や間近で生き物を観察することが出来るのもダイビングの特徴です😊
 

 
扱う道具

・スノーケリング


・マスク
・スノーケル
・フィン
この3つで遊んでいきます!
後はウェットスーツやライフジャケットといった浮力になるものを着て水面で浮きながら泳いだりします!
ウェットスーツを着ない、もしくはスーツと一緒にウエイトを付けるマリンスポーツをスキンダイビングといわれています!
持って行くものも少ないので手軽に遊びに行けます!
 

 

・ダイビング


・マスク
・スノーケル
・フィン
・スーツ
・BCD
・レギュレーター
・オクトパス
・ゲージ
・ダイブコンピューター
・タンク
これらの器材を使って遊んでいきます!
スノーケリングで使う器材も含まれているのでダイビングの休憩中にやる人もたくさんいます😆
 

 
スーツもウェットスーツ以外にも水が体に入ってこないドライスーツを着るので冬も潜れることが出来ます!
 

 
必要な資格

・スノーケリング


スノーケリングでは特に年齢の制限も必要な資格もなく大人から子供まで幅広く遊べる遊びになっています!
なので夏だったら手軽に海に行き遊びに行けますね😊
 

・ダイビング


ダイビングでは安全面の考慮をして原則満10歳からダイビングをする事が出来ます!
しかし年齢の上限はないので年配の方でもダイビングを楽しんでいる方が多いです😆
 
またライセンスなしでも浅い水深やインストラクターの補助付きで体験ダイビングで潜る事が出来ますが
「もっと自由に海の中を探索したい」や「色んな海に行ってみたい!!」という場合は
安全面と+で技術面を考慮してライセンスの取得が必要になってきます!
 

 
ライセンスは一回取得してしまえば更新がないのでいつでも行きたい時に行けるようになれるのがダイビングの特徴です!
 


というわけで今回はスノーケリングとダイビングの違いをまとめてみました!
どちらのマリンスポーツも楽しさが少しづつ違うので両方楽しめたらサイコーですね😆
今ならどちらの遊びも楽しむことが出来るのでこの機会にぜひ遊んでみてはいかがですか?