こんにちは、なっちです!
カメラの良さが分かったキッカケがダイビングでした!
水中の景色はめちゃくちゃキレイ!
生き物はわんさかでにぎやか!
ただ水中って話せないし、リアクションもわかりづらい💦
そのぶん海から上がってワイワイ話して話題が尽きませんが😊
【あれ、なんやったっけ~?】
【あの時、あの場所めちゃくちゃすごかった~!!】
やっぱり出てきます、そういう会話。
【カメラがあれば…切り取れるんです、その瞬間を~!!】
【そうそう!!切り取りたいんです、その瞬間を~!!】
近年、そんなカメラダイバーも増えてきました。
 

 

 
ダイビングの休憩中に写真がうまく撮れてるかチェック。
チェックしてチェックしてチェックしまくります。
大抵うまく撮れておらず、あちらこちらからうめき声がよく聞こえてきます。
 
まず撮り方よりも、シャッターを切るところから!

 

 
カメラ持って入っても、シャッター切らなきゃもったいない!
なんでもいいから生き物を撮ってみる!
生き物はダイバーも!風景でも大丈夫!
カメラのバッテリーが切れるくらいまでシャッター切り倒す!
シャッター切った分だけ上達します!
なにも気にせず撮りまくりましょう♡
 
 
動きの少ない、遅い生き物から撮ってみる!

 

 
撮りまくってるうちに、もっと上手に綺麗に撮りたい欲がふつふつと…
ピントを合わせること・合わせる場所やポイントをおさえるとイイです♡
ただ慎重に撮ろうとしてみるようになってくるので、
動きながらより、止まってみて、止まってるor動きの遅い被写体を狙って!
ココから狙い撃ちの技術が磨かれてきます♡
水中は陸上と違って揺れていることもあるので、
ヒジを三脚のように使ってみたり、
フィンや足、体全部を使って固定させていく動きが重要な時もあります!
※サンゴを折ったり蹴ったりは当然NG💦
砂場(砂泥)の場合は砂の巻き上げなどには十分気を付けて!
水中環境や一緒に潜ってるダイバーにも配慮できるような、
優しいカメラダイバーでありましょう♡
 
構図を考えてみて、撮ってみる!

 

 
ピントを合わせられるようになってくれば、構図にも気を使うとよりストーリー性が生まれます♡
この段階になってくるカメラダイバーはどうしても図鑑のような撮っただけの写真になりがち…
ひとくちに構図といっても、正解はないです!
僕も写真を撮るときは頭を空っぽにして柔らかくするよう心がけてます…
でも元がアホなのでカチッとハマるイメージが降りてこない時も多々あります💦
プロの写真家さんはすごいなぁ~とぼやきながら、
水中の写真集を眺めてみるのもイイと思いますし、
めちゃくちゃ勉強になります♡
 
まーまーイケるようになったら、撮りたい色に撮ってみる!

 

 
構図もそうですがある程度撮れるようになってくると、
背景の色や写真全体の色にも気を揉みます!
海だからといってあまり海の青色を出しすぎず、
見たまんまの水中の景色を撮れるように工夫してみたり…
自分のイメージ通りの色に撮れるようになってくると、
これまた楽しくなってくるポイントでもあります♡
 
今日紹介した内容はざっくりとほんの一部分…
まだまだお伝えしたい内容はありますので、
また追ってブログUPします♪
 

 

 
iPhoneも進歩を重ねているので、陸上は問題なし☆
むしろ陸上でもカメラを撮るクセをつけていくと、なおヨシ!
ヒトでも風景でも食べ物でも…
いっぱい写真を撮って楽しんでいきましょう!
 
オーブは感染症対策を行って営業しております!
マスク着用、検温、消毒、チェックシートの記入等、
皆様ご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します!